[K-POP] ベテラン韓国女性歌手「日本で裏切られホームレスに転落」

歌手のイム・ジュリがワールドスターとして進出しようとして日本で裏切られ、結局ホームレス生活を余儀なくされた。

イム・ジュリは13日に放送されたチャンネルAの芸能番組「憤怒王」に出演し、「37年間、不屈の精神でワールドスターに挑戦している」と明かした。

イム・ジュリは「19歳という幼い年齢で生計を立てるために進出した米8軍グループでボーカルとして活動した。ある企画事務所の関係者の提案で米国に進出するチャンスをつかんだが、海外進出に反対する母親のために米国進出は断念することになった」とし「日本のある大手芸能事務所から『第2のチョ・ヨンピルにしてあげよう』とのオファーを受けて、日本のヒット曲100曲を完ぺきに覚え日本語もマスターするなど万端の準備をしていた。ところが日本の芸能事務所はすぐに心変わりして私の変わりにナ・フナを進出させた」と語った。

また「戸惑いと裏切られた気持ちで1年以上も不眠症に悩まされたが、不屈の精神で再び日本進出に挑戦することになった。今回は芸能事務所が誤った契約をして、日本で一生懸命活動したものの、きちんとした収入を得ることができなかった。結局、事務所に利用だけされたうえ日本で生活苦に悩まされ、あげくの果てにはホームレスの身に転落した」とし「母親が突然亡くなったのに、日本活動に一生懸命になるあまり最後を看取ることができず後悔している」と話し、無念な気持ちを吐露した。



Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 13日 17:20