[K-POP] DMTNダニエル、大麻未吸引も販売あっせんの容疑を認める=韓国

グループのDMTN(ディーエムティーエヌ)のメンバーのダニエルが大麻販売容疑で警察の調査を受けた。

ダニエルは大麻あっせん及び紹介した容疑で今月11日、ソウル地方警察庁麻薬捜査隊の調査を受けた。

警察の調査でダニエルは、昨年9月から約4ヶ月間、知人に大麻をあっせん及び紹介した容疑を認めた。これとともに行われたドーピングテストで陰性が出て、大麻吸引については嫌疑なしという判定を受けた。

所属事務所側は公式報道資料を通じて「まだ最終法的審査を受ける前だが、過ちを犯した部分について弁解はの余地はないと考える。ダニエルはどんな処罰も謙虚に受け止め相応の罰を受けることを望んでいる」とし「瞬間的かつ未熟な判断を正せなかった会社もまた重い責任を痛感している。頭を垂れて謝罪したい」とその立場を表明した。

ダニエルが所属するDMTN(イナチ、ダリ、ドンリム、ジス、ダニエル、サイモン)は2010年にDalmatian(ダルメシアン)として活動をスタートさせ、今年に入りグループ名を改名していた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 13日 17:14