[ドラマ] ソンジュン、『九家の書』スジの護衛武士役で合流『魅力のボディーガード』系譜を継ぐ

また一人の魅力的なボディーガードがお茶の間の女心を揺らす兆しだ。俳優ソンジュンがMBC新月火ドラマ『九家の書(原題)』で護衛武士に変身する。

ソンジュンは『馬医(原題)』の後続として4月放映予定の『九家の書』でコンイ役で合流する。劇中コンイはタム・ヨウル(スジ)の護衛武士でありチェ・ガンチ(イ・スンギ)の頼れる助っ人として2人の関係を行き来する比重の高い役だ。

特にスジを人知れず片思いする彼がイ・スンギと取りあう設定はドラマの中で外すことのできない鑑賞ポイントとして期待を集めている。

何よりも目を引くのはソンジュンが熱演する『護衛武士』という肩書だ。今回が初の時代劇挑戦となるソンジュンは時代劇で魔性の魅力男として選ばれる護衛武士役を演じ、視聴者たちの強烈な視線を予告した。

ソンジュンの所属事務所CHOIIエンターテイメントのある関係者は13日『九家の書』合流を通して演技変身をお見せできる、またとないいいチャンスだと思っている」「役に集中するため多方面で頑張っているので期待してください」とコメントした。

ソンジュンは現在映画『怖い話2-絶壁(原題)』撮影に余念がない。映画撮影が終わり次第、MBCドラマ『九家の書』に合流し本格的なスケジュールをこなす計画だ。

写真提供=CHOIIエンターテイメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 13日 17:32