[芸能] パク・シフ、Aさんの友人「美人局? 絶対にそんな子じゃない」②[単独インタビュー]

『絶対にそんな子じゃない』

俳優パク・シフ(35)と被害者Aさんの対立が頂点に達しているなか、tvN『eNEWS-決定的な一発』チームがAさんのごく近しい人と直接会い、事件の背景を聞いた。

13日午前11時30分午後6時に放送予定の『eNEWS-決定的な一発』は『パク・シフ事件』の三大疑惑を取材した。

eNEWS取材チームはAさんの『美人局説』、第三者Bさんの『共謀説』前所属事務所代表Hの『黒幕説』などひとつひとつ暴きだした。

取材チームは特にAさんの同期でごく近しいYさんに会い、彼女の普段の生活と性格などを聞いた。Yさんは「Aさんとパク・シフ事件を知っているか」との質問に、慎重になりながらも「金銭目的で事件を企てるような子では絶対にない」と強調した。

Aさんは先月15日、パク・シフを性的暴行容疑で警察に告訴した。しかしその後、『江南(カンナム)の某風俗店で働いていた』という情報を起点にAさんのプロフィールが公開され、知人Bさんと交わしたカカオトークの会話が公開されると、いわゆる『美人局説』が始まった。

Yさんは「風俗店にいたとインターネットで見た。昔からAさんと一緒に過ごしてきたが、その間全くそんな姿は見られなかった」と反論した。

これについてAさんの法律代理人であるキム・スジョン弁護士は「核心争点でないその部分(風俗天勤務経歴)が話題になっているようだ」「噂か真実かどうかに関係なく、Aさんは法の保護を受けられる人」と話した。

「すでに我々の立場や証拠を総合し、意見書を警察に提出、その意見書を通じて警察に話をした」と付け加えた。

写真=eNEWS DB


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 13日 13:53