[芸能] キム・テヒ、熱愛発表2カ月ぶりに“RAIN直接言及”

「知っていく段階で大きく変化したことはありません」。女優キム・テヒ(33)が熱愛発表後2カ月ぶりに恋人の歌手RAIN(実名チョン・ジフン、31)について直接言及した。

キム・テヒは11日午後2時30分、京畿道一山(キョンギド・イルサン)の製作センター台本練習室で開かれたSBS(ソウル放送)の月火ドラマ『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(原題)』(以下、『張玉貞』)の記者懇談会に参加した。キム・テヒが公式席上に姿を表わしたのは1月1日にRAINとの熱愛ニュースを知らされてから2カ月ぶりだ。

この日キム・テヒは、恋愛宣言することになったことと関連して「初めてこのことが広がった時はとても心配した。ドラマ撮影と放送を控える中で話が広がって、製作スタッフにとても申し訳なかったし迷惑になるかと思い、悩みや心配が多かった」として「そんなときに(RAINが)『うまくいくよ。一生懸命頑張っただけ良い結果になるよ』と希望的な話をしてくれた」と明らかにした。

恋愛をすることが演技をすることに役立つのかという質問には「まだ始まった段階。2カ月前に報道資料で話したように、知っていく段階では大きく変化はしていない。今、私の目にはドラマしか見えない」として「ドラマで演技をする部分は、生きていきながらいろいろ体験したさまざまな経験を思い起こさせなければならないようだ」と伝えた。

この日キム・テヒは恋人のRAINに関した質問に遠慮なく答えた。直接的にRAINの名前を口にはしなかったが、RAINとのエピソードや交際している事実に対して淡々とした態度で話し、目を引いた。

キム・テヒはSBSの月火ドラマ『張玉貞』でタイトルロールを引き受け、MBC(文化放送)のドラマ『マイプリンセス』以降2年ぶりにテレビドラマに戻る。『張玉貞』は針房内人だった張玉貞が朝鮮時代最初のファッションデザイナーだったという設定で、 張玉貞を政治的人物でない芸術人として改めてスポットライトをあてるというドラマだ。 来月8日午後9時55分に初放送される。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 11日 17:44