[ドラマ] カンタ-テヨン『その冬』の挿入歌『そして、ひとつ』でタッグ組む

少女時代のテヨンが、所属事務所先輩であるカンタの作曲した『その冬』のOSTを歌った。

SBS側は7日、テヨンが最近SBSの水・木曜ドラマ『その冬、風が吹く(原題)』(以下『その冬』)のOST『そして、ひとつ』の録音を終えたと明らかにした。『そして、ひとつ』はカンタが自ら作詞作曲した曲で、“望んで望むのです/そして、ひとつ/痛くても痛くても/それでももう一度”という歌詞を通してドラマ中のチョ・インソン(オス)とソン・ヘギョ(オヨン)の心境を代弁する。

『その冬』の関係者は「ドラマでは叶うことのない愛を分かち合うチョ・インソンとソン・ヘギョ、この2人の感情が高まる場面で『そして、ひとつ』が挿入される予定」と明らかにした。テヨンの『そして、ひとつ』は7日放送される『その冬』第9話で初めて流される。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 08日 10:14