[映画] 『伝説の拳』カン・ウソク監督「PSYは頭のいい人」

『伝説の拳(原題)』で帰って来たカン・ウソク監督が歌手PSY(サイ)に感謝を表した。

カン監督は8日、ソウル江南区(カンナムグ)CGV鴨鴎亭(アックジョン)で開かれた映画『伝説の拳』制作報告会で「PSYが新しいアルバムを準備する心境を『ツーカップス(原題)』に例えていてビックリした」と話を切りだした。

彼は『PSYと個人的にお茶したこともない。多分『ツーカップス2(原題)』を撮った時、私がしたインタビューを見たようだ」「当時「映画をなぜ撮ったのかわからない。超えてはいけない線を越えたようだ。死にたいような心境」と話したことがある」と説明した。

カン監督はまたPSYについて「頭が非常にいい人だ」「正確な比喩をした」と話し、笑いを誘った。

このような発言は先月PSYが行ったインタビューで後続曲についてのプレッシャーをカン監督に例えたことから始まった。当時PSYは『ツーカップス2』を準備するカン・ウソン監督のように後続曲を作っている」と明かしたことがある。

カン監督の19番目演出作品『伝説の拳』は、一時学校の『伝説』と呼ばれたファイター達がTVファイターショー『伝説の拳』に参加し、巻き起こるストーリーを描いた。ファン・ジョンミン、ユン・ジュンサン、ユン・ジェムン、チョン・ウンウィン、ソン・ジル、イ・ヨウォンらが出演する。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 08日 17:50