[芸能] グァンヒ『膝打ち導師』電撃降板..「残念だが不可避な選択」

グァンヒが『膝打ち導師』から降板する。

グァンヒは最近MBC『膝打ち導師』制作陣との論議の末、番組を去る方向で話を終えた。『膝打ち導師』が春の改編に合わせ、収録日が変更され、これによりスケジュール調整が難しくなったことが理由だ。

スター帝国のある関係者は8日、eNEWSとの電話取材で「『膝打ち導師』収録日が今までの金曜日から火曜日に変更されたのだが、グァンヒがその日には他のスケジュールがあり、スケジュール調整が難しい状況だった。更に海外活動まで並行することになるとスケジュール調整が更に難しくなると考え、残念だが降板を決定した」と明かした。

ZE:A(ゼア)は今月末から日本コンサートを皮切りにアジアツアーを計画している。現在国内外活動スケジュールがぎっしりと入っているグァンヒとしては『膝打ち導師』の収録日変更が少なからず負担となり、結局降板する方向になった。

グァンヒ側関係者は「『膝打ち導師』への愛着が格別だったが、どうしようもなかった選択だった。グァンヒ本人もとても残念がっている」「『膝打ち導師』を離れることになったが、これからもっといい姿をお見せするように努力します」と付け加えた。

『膝打ち導師』はグァンヒの降板により、当分の間カン・ホドン、ユ・セユンの2人のMC体制を維持する方針で、後任MCを探している最中であることが分かった。

写真提供=MBC

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 08日 16:50