[映画] 『サイコメトリー』封切初日ボックスオフィス2位『7号室』を退けた

映画『サイコメトリー(原題)』が封切初日『7号室のプレゼント(原題)』を超えた。

8日、映画振興委員会映画館入場券総合コンピューターネットワークによると『サイコメトリー』は封切日の7日、4万6,168名を集めデイリーボックスオフィス2位になった。試写会観客を含む累積観客数は5万5,014名だ。

映画は物体や人間に手を触れると過去が見える能力を持ったサイコメトリーという独特な素材を描いたミステリーものだ。『国民兄夫』として浮上中の俳優キム・ガンホと、『その冬』で演技力の再評価を受けたキム・ボムが主演を務めた。誘拐事件を追う捜査劇の中で人間愛が溶け込み、気楽に見られるスリラーとの評価だ。

この日のボックスオフィス1位は『新世界(原題)』が占め、上半期最高のヒット作『7号室のプレゼント』は3位に下がった。『サイコメトリー』が観客たちの口コミで今週末大ヒットを呼ぶか、行方が注目される。

写真提供=CJ E&M

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 08日 16:48