[K-POP] JUNIEL、日本で国民の妹になる?ヨンファデュエット曲『Babo』1位席巻

CNBLUE(シーエヌブルー)ジョン・ヨンファと女子高生歌手JUNIEL(ジュニエル)のデュエット曲『Babo』が日本で熱い人気を受けている。

日本最大音源ダウンロードサイト『レコチョク』によると『Babo』は5日付K-POPアジアデイリーチャートで1位を獲得した。

ジョン・ヨンファ自作曲である『Babo』はJUNIELの日本1stフルアルバム『Juni』のトラック12として、JUNIELの韓国内デビューアルバムに収録されていた曲を日本語で翻訳しボーナストラックにした。特に『Babo』は7日放送された日本のテレビ番組『めざましテレビ』で紹介され人気を実感させた。

『Babo』が日本の音源チャート1位を席巻しながらJUNIELが6日発表した1stフルアルバム『Juni』にも熱い関心が注がれている。JUNIELは今回のアルバムで『Babo』を除いた11曲全曲を自作曲で収録し、シンガーソングライターとしての顔をアピールした。

JUNIELは2012年6月『My First June』でデビューした後、人気を集め、第27回ゴールデンディスクアワードアルバム部門新人賞を受賞した。

写真提供=FNCエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 08日 14:12