[ドラマ] パク・シネ『隣のイケメン』の秘蔵写真を大公開!

韓国の20代女優の中で今最も“旬”な女優と言えばパク・シネ。そんな彼女が先月26日に放映が終了したケーブルテレビtvNのドラマ『隣のイケメン(原題)』で、世間と断絶して生きている引きこもり少女のコ・ドクミ役を熱演した。コ・ドクミはその名前の通り、他人とコミュニケーションしていくことが死よりも難しいと感じている人物だ。傷だらけの過去を抱いて生きている中、自分自身も知らないうちにロマンスの喧騒に巻き込まれていく。

2003年、SBS(ソウル放送)のドラマ『天国の階段』で、女優チェ・ジウの幼少時代を演じていたパク・シネは、いつの間にかデビュー10年を迎えた。その後、SBS『美男<イケメン>ですね』で男装した女性、映画『シラノ恋愛操作団』の恋愛エージェントのスタッフ、『7号室のプレゼント(原題)』の弁護士役などで強烈な印象を残した彼女は、『隣のイケメン』を通じて、ユン・シユンやキム・ジフンら、イケメン俳優らと息を合わせ、女性視聴者のファンタジーを100%ブートアップさせた。パク・シネは「『隣のイケメン』を撮影しながら新しい自分と出会えて楽しかった」とし、撮影のバックストーリーを写真で公開した。

『隣のイケメン(仮)』5月よりMnetで日本初放送決定!



Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 07日 10:00