[K-POP] LADIES CODEデビューアルバム、Alicia Keysプロデューサー参加『関心集中』

新人ガールズグループLADIES CODE(レディースコード)のデビューアルバムに世界的なポップスターAlicia Keysのプロデューサーが作曲家として参加し、関心を集めている。

Alicia KeysとDrakeが歌った曲『Fireworks』のプロデューサーCRADAがLADIES CODEのデビューアルバム収録曲『Super Girl』の作曲を担当した。CRADAは韓国での初プロジェクトとしてLADIES CODEを選んだことが分かった。ワールドクラススケールのデビューアルバムで関心を集めている。

LADIES CODEは『女性たちが望む、女性たちが願う、WANNA BEコードを込めドラマチックなステージを具現化するパフォーマンスグループ』と言う意味だ。イェシュリー、リセ、ウンビ、ソジョン、ジュニの5名の個性溢れるメンバーたちで構成されている。特に『偉大な誕生』のクォン・リセと『Voice Korea』のイ・ソジョンら実力派期待株が一つになり、期待を集めている。

LADIES CODEは7日、デビューアルバム『CODE#01 悪い女』を発表し、タイトル曲『悪い女』で本格的な活動に乗り出す。2PMの『待ちくたびれる』ホ・ガク『痛い』など数多くのヒット曲を残したプロデューサースーパーチャンタイが全体プロデュースを担当した。タイトル曲『悪い女』は軽快なスウィングのリズムと華麗なビッグブラスが調和したジャズミカルなメロディーに、切ない歌詞が調和をなしている曲だ。

音源と共に公開されたミュージックビデオはナオルの『風の記憶』、ソン・ダムビの『涙がぽろぽろ』などを演出したソン・ウォンヨン監督がメガホンを取り、国内では珍しいセットを利用、独特なストーリーと大きなスケール、華麗な見どころを提供している。

LADIES CODEは7日Mnet『MCountdown』でデビューステージを披露する予定だ。

写真提供=ルンコム


『MCountdown』をリアルタイムで楽しもう!



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 07日 17:47