[ドラマ] ユチョン主演『会いたい』28日日本で初放送...その意味は?

JYJユチョン主演のドラマ『会いたい(原題)』が28日、日本のお茶の間を訪ねる。

『会いたい』は日本韓流専門チャンネルDATVを通じて28日木曜日23時に初放送を迎える。韓国と同一の21部作で制作され、日本語字幕版で放送される。

『会いたい』は国内放送当時、熱い関心を受け作品性を認められた作品。出演俳優たちがすでに韓流スターとして幅広いファン層を持っているだけに日本内の高い人気が予想される。

特に『会いたい』日本進出はJYJが日本のエージェントエイベックスとの訴訟に勝訴した後、初めて放映されるユチョン主演のドラマという点においても意味深い。今後地上波進出も期待できるだろう。

『会いたい』は15歳、胸がときめく初恋の記憶を根こそぎ奪われた苦い心の傷を胸に抱いたまま生きている男女のかくれんぼうのような愛を描いた正統メロドラマで、ユチョン、ユン・ウネ、ユ・スンホが共演した。

写真出所=MBC、DATV

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 06日 14:47