[芸能] ホン・スア、“天女”から“妖精”に変身…“清純さ発揮”

女優ホン・スアが人気のバロメーターである化粧品モデルに抜てきされた。

ホン・スアは、天然火山灰化粧品であるエヌエムシー化粧品のメインモデルになり、このほどソウル江南(カンナム)にあるスタジオで広告の撮影をした。

“天女”のイメージから脱して、ドレス姿の“妖精”イメージへと変身を試みた。ドラマでは清純ながらも妖艶さも見せる多面的な魅力をアピールしていたとすれば、今回の広告の中では森の中の妖精を思わせる清楚ながらも神秘的なイメージを浮かび上がらせた。自然を連想させる濃厚なグリーンのドレスは欠点のない美しい肌と調和して、加工されていない天然の美しさを最大限に引き出した。乳白色の水滴は、製品に使われる火山水を含んだ水滴で、彼女の持つ乳白色肌の色と完璧な調和をつくり出した。

エヌエムシー化粧品側は「韓国を代表する肌美人で知られ、最近はドラマで女神の姿を見せているホン・スアのイメージが、天然化粧品を代表する顔とぴったり合った」として「広告の撮影現場でも女神と妖精のイメージを行き来しながら、製品の特徴を最大限に高めていた」と満足感を示した。

ホン・スアはKBS(韓国放送公社)第1テレビの大河ドラマ『大王の夢~王たちの戦争(原題)』に出演中だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 05日 17:35