[ドラマ] シン・セギョン、新作で「メロドラマの極致をお見せしたい」

女優のシン・セギョンが“メロドラマの極致”に挑戦する。

シン・セギョンはMBC(文化放送)の水木ドラマ『7級公務員(原題)』の後続作として4月3日に初放送される『男が愛するとき(原題)』のヒロインのソ・ミド役を演じている。明るく愛らしいが、時には挑発的なキャラクターだ。劇中、シン・セギョンはソン・スンホンとヨン・ウジンの間で熱い恋愛を繰り広げる予定だ。

シン・セギョンは最近、撮影現場公開イベントで「台本を吟味すればするほど、今回の作品はまさに“メロドラマの極致”。視聴者に自信を持ってお勧めできる作品」と親指を立てて見せた。また「ソ・ミド役は温室で育てられている草花ではなく、野原に咲く花のような人物。初めてなので少し緊張もしているが、スタッフが積極的に力になってくれているので、軽い気持ちで撮影に臨んでいる」と伝えた。

シン・セギョンはドラマ『赤道の男』『太陽の女』を執筆したキム・イニョンと初めて息を合わせることについての期待も表した。シン・セギョンは「先日、キムさんと一緒に『太陽の女』編を鑑賞した。感情移入しすぎて目を離すことができなかった。今回のドラマがどのように描かれるか本当に気になる」と、高鳴る気持ちを表現した。

『男が愛するとき』は、人生のある瞬間に激しい恋愛に落ちる男女主人公のラブストーリーを描いたドラマだ。脚本家のキム・イニョンとドラマ『アラン使道伝』『ファンタスティック・カップル』などで感覚的な演出を見せたキム・サンホPD(プロデューサー)が意気投合している作品だ。シン・セギョンをはじめソン・スンホンやヨン・ウジンらが出演する。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 05日 17:30