[芸能] アン・ジェウク、米国から1カ月ぶりの帰国…今後のスケジュールは?

先月、くも膜下出血により米国で手術を受けていた俳優のアン・ジェウクが約1カ月ぶりに韓国に帰国した。

アン・ジェウクは手術および回復の経過がよく、退院後の今月3日に帰国した。アン・ジェウクの所属事務所側は5日、「米国の病院側から飛行機搭乗の許可が下りた。思っていたよりも早く帰国できた」とし「帰国後、病院で手術結果および回復の経過について検査をし、韓国の医療陣側からも、手術の結果がよくて幸い後遺症や障がいはないという話を聞けて安心した」と明かした。

アン・ジェウクは健康上に問題はないものの、しばらくはリハビリに専念する予定だ。所属事務所側は「アン・ジェウクさんは大手術を受けただけに、今後は十分な休息を取りながらリハビリに全力を傾けることが最も重要だと判断した。すぐに活動できないのは残念だが、できるだけ早く素晴らしい作品で復帰できるように努力したい」と伝えた。

一方、アン・ジェウクは先月4日午前、米国ラスベガスの病院でくも膜下出血のため5時間にわたる大手術を受けていた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 03月 05日 17:34