[芸能] いとしのソヨン』パク・ヘジン、日本ファンミーティングで涙の終了所感

俳優パク・ヘジンが『いとしのソヨン』終了の感想を伝え、涙を流した。

パク・ヘジンはKBS2週末ドラマ『いとしのソヨン』の最終回放送日の3日、大阪でファンミーティングを行った。パク・ヘジンはファンミーティングのコーナーとして準備された『いとしのソヨン』名場面を見るなかでどっと涙を流した。

『サムジェの卵焼き、涙のシーン』を見たパク・ヘジンは「とても見られない」と一瞬映像に背を向け、サムジェの泣き声を聞き涙を溢れさせた。

映像が終わった後パク・ヘジンは「父とすごく気持ちが一つになった。初めはよそよそしく、近づきがたい大先輩だったんだが、本当の息子のようによくしてくださった」「ボヨン先輩も私のためにすごく気を遣ってくださって・・」と言葉に詰まり、名残惜しい気持ちを隠せなかった。

パク・ヘジンは「今日は韓国で『いとしのソヨン』最終回が放送される日です。放送を見られないがサンウとして生きてとてもしあわせだった。もうこれでサンウと別れなければならないなんて。信じられない。『いとしのソヨン』がとても特別だったのは俳優たちとスタッフたちが友達のように、家族のように親しかったから」と話し、涙をこぼした。

『いとしのソヨン』は3日、自身最高視聴率を記録し、最後の幕を下ろした。KBS Worldで1月から放送され、日本でも熱い反応を呼び起こしており、来月衛星劇場で放送される予定だ。

写真=WN COMPANY提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 03月 05日 17:47