[映画] 韓国映画の興行が大成功、観客数の占有率は全体の83%に

韓国映画振興委員会の映画館入場券統合電算網の4日発表によると、2月に映画館を訪れた総観客数は2,182万4,393人を記録した。これは昨年2月の1,306万5,438人に比べ、実に67.03%も増加した数だ。

2月に韓国映画が動員した観客数は1,809万6,430人となり、韓国映画と外国映画を合せた全体市場で82.9%の占有率を記録した。これは、月別韓国映画占有率統計では2006年10月に記録した85.3%以降、7年ぶりの最高値。観客数1,000万人を超えた『7号室のプレゼント(原題)』と700万人の観客を集めた『ベルリン(原題)』が同時に興行成功をおさめたためだ。

さらに、2月末からボックスオフィス1位を獲得している『新世界(原題)』もわずか10日で観客200万人を集め、韓国映画振興に旋風を巻き起こしている。

Copyright 中央日報日本語版 2013年 03月 04日 15:45