[映画] 『パバロッティ』ハン・ソッキュ「イ・ジェフンは正直な俳優」

俳優ハン・ソッキュが映画で共演した後輩イ・ジェフンを称賛した。

ハン・ソッキュは27日、ソウル江南(カンナム)区メガボックスコエックスで開かれた映画『パバロッティ(原題)』メディア試写会および記者懇談会で「イ・ジェフンを観客の立場で見た時、真剣で正直なところが一番の長所」「イ・ジェフンが持っている長所が『パバロッティ』によく溶け込んでいるようだ」と評価した。

『パバロッティ』は有名な声楽家から地方の芸術高の音楽教師になったサンジンが、声楽家になりたいチンピラ チャンホ(イ・ジェフン)を学生として引き受け巻き起こる話を描いた。劇中ハン・ソッキュはサンジン役を演じ、荒っぽいが内面は温かい男の魅力を漂わせる。

彼は「私が『パバロッティ』を見てほのぼのとした感情の余韻を感じたように、観客の皆さんも私と同じような気持ちになって帰ってくだされば嬉しいです」と作品に対する愛情を見せた。3月14日封切。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 28日 16:25