[K-POP] チャンネルA「JYJの舞台がカラオケという表現は…」釈明

アンカーのパク・ジョンジンが歌手JYJの舞台に関する発言について謝罪した。

パク・ジョンジンは25日に放送されたチャンネルAの番組で、「JYJとファンに謝りたい。 舞台が十分に整っていないようでカラオケだと表現したが、就任式の舞台が狭かったという意味であり、決して貶したわけではない。 正式に謝罪する」と語った。

パク・ジョンジンは当日、ソウル汝矣島(ヨイド)国会議事堂中央広場で開かれた朴槿恵(パク・クネ)大統領就任式を中継し、JYJの舞台について「JYJというグループ。 あまり知らないでしょう。以前、東方神起から離れて出てきた」とし「舞台の照明が華麗な時に比べて、実際にこうして見るとカラオケで歌を歌うような感じだ」と話した。 一緒にいたイ・ヒョンス記者は「落ち着かない雰囲気だが、JYJにはこの舞台に立ったという意味が大きいようだ」と話した。 その後、パク・ジョンジンの発言に非難があふれ、JYJのファンを怒らせた。

チャンネルAは26日、「パク・ジョンジン・アンカーの25日の発言は貶そうというものではなかった。 ファンに謝罪する」とし「舞台装置と照明に関する言葉は、就任式の舞台装置などが就任式準備チームが質素に準備したところ狭くなり、公演が始まる頃に周囲の人があちこちで動き、落ち着かない雰囲気だったという意味だった」と釈明した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 26日 18:18