[芸能] アン・ジェウク、くも膜下出血による術後は…「経過はよく間もなく退院」

米国で脳手術を受けて入院中の俳優アン・ジェウクが退院する。

アン・ジェウク側は26日、「術後の経過がよいので間もなく退院する予定」と伝えた。続けて「米国現地の医療陣と韓国側の医療陣が話し合い、帰国はまだ早いとの結論を下した。退院後、米国で10日程度とどまりながら経過を見守らなければならない。その後、飛行機への搭乗が可能か判断し、異常がなければ韓国に帰国しようと考えている」とした。

また「CTおよびMRIの判読結果からは異常は見られない。しかし退院後の容体が重要なので、十分な休息を取らなければならない。コンディションの回復に力を注ぐつもりだ。アン・ジェウクも待ってくれているファンや関係者に感謝の言葉を伝えていた」と付け加えた。

一方、アン・ジェウクは今月初めに米国ラスベガスに滞在中、突然倒れ、現地の病院で手術を受けた。くも膜下出血という診断を受け、5時間にわたる大手術を受けたことが伝えられていた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 26日 15:04