[芸能] 西部警察署、パク・シフ来月1日に出頭要請 応じない場合逮捕令状請求に

警察が俳優パク・シフに3月1日の出頭通報をした。

パク・シフの性的暴行容疑を捜査している西部警察署は25日、「パク・シフ事件と関連し、午後2時40分シン・ドンウォン弁護士を通じて3月1日午前10時出頭及び事件移送不可を通報した」と明らかにした。

警察は「今回も召喚に応じない場合、逮捕令状請求を検討する」と強硬な姿勢を見せた。警察はこの日パク・シフと強制わいせつで訴えられたK氏の居住地及び法務法人プルメ側に出頭要求書を発送した。

これに対しプルメ側は「出頭通報を受けたのは確かだ」「すぐに報道資料を通じて公式的に立場表明をする予定」と伝えた。

パク・シフは24日午後7時、西部警察署で調査を受ける予定だった。しかしパク・シフ側は弁護士変更後、管轄署を江南警察署に移送するようにと申請書を提出し、出頭しなかった。プルメ側は「警察の捜査内容流出による被害が深刻だ」との立場を明らかにし、西部警察署側は「捜査に問題はなかった」と対応した。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 26日 16:20