[K-POP] JYJ『韓日交流総合展(KBEE)』広報大使ギャランティー全額寄付

グループJYJが『韓日交流総合展(KBEE2012)』広報大使出演料を全額ユニセフ韓国委員会に寄付する。

JYJは昨年11月大阪で開催された韓流博覧会『韓日交流総合展』広報大使に抜擢され、韓日両国の交流とビジネス協力のため積極的な活動をした。

2012年10月KOTRA本社で行われた『ユニセフ弟人形キャンペーン』に参加したのに続き、大阪で開催されたこのイベント開幕式にも参加し、韓日両国の和合とビジネス交流のアイコンとして大きな話題を集めた。

特にメンバー別ドラマ撮影と海外公演など忙しいスケジュールのなか、広報大使としての役割を誠実に遂行した功労を認められ、大衆芸術人としては珍しく、知識経済部長官表彰を授与された。

JYJメンバージェジュンは「昨年『KBEE』を通じて韓日両国間の意味深い交流の場に参加できて嬉しかった。これからは困っている友人を考える機会を持とうと思う」「ユニセフへの寄付を通じて全世界の数多くの飢餓貧困の子供たちに小さな手助けの手を差し伸べたい」と明らかにした。

ユニセフ韓国委員会パク・ドンウン総長は「JYJは国家的なイベントの広報大使として忙しく活動する中でも『弟人形キャンペーン』に参加するなど、全世界の多くのファンたちに分かち合いの意味を伝達し、それにとどまらず出演料全額を寄付するとはとても驚かされた」「彼らの尊い心が冷たい社会に暖かな風を吹き込むことができると信じる」と話した。

KOTRAキム・ビョンクォン本部長は「韓流に対して国際的な関心が高まっている中で、今回の社会的貢献は韓流の世界を更に広げるきっかけになると期待している」「KOTRAはこれからもJYJと同じ心温かい韓流スターと共に前向きに韓流の拡散に寄与するよう努力します」と願いを伝えた。

『コリアブランド&韓流商品博覧会(KBEE)』は知識経済部と文化体育観光部が主催し、KOTRAとKOCCAが主幹する海外最大規模の『韓流商品総合博覧会』として昨年には韓日外交問題を考慮し『韓日交流総合展』に名称を変え開催した。3日間、3万余名の一般観覧客と日本全域から800社を超えるバイヤー、投資家が参加し大きな話題を集めた。

今回JYJのユニセフ寄付金伝達式は3月5日午後2時、ソウル昌成洞(チャンソンドン)ユニセフ韓国委員会で行われる予定で、グループJYJを代表してメンバージェジュンが直接寄付金を伝達する予定だ。

写真提供=C-JeSエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 26日 16:19