[K-POP] 在日韓国人のクォン・リセ、ティーザー映像で魅惑的なイメージを大爆発

5人組ガールズグループのLADIES’ CODE(レディース・コード)がティーザー映像第1弾を通じて高感度の魅力を発散させた。

25日正午、芸能事務所「ポラリスエンターテインメント」の公式YouTube(ユーチューブ)チャンネルやフェイスブック、ティーザーホームページにはLADIES’ CODEのデビューアルバムティーザー映像の「リセ」編が掲載された。

映像の中でクォン・リセは、くびれたウエストが強調されたハイウエストパンツにレースのTシャツを着て純粋なイメージと挑発的な魅力を共存させた。これまで見せてきたイメージとは全く違う魅惑的な眼差しといっそう磨きがかかった美貌で見る者の視線を釘付けにした。デビューを控えてファンの期待はいっそう高まっている。

2009年、ミスコリア選抜大会の日本「真」出身の在日韓国人のクォン・セリは、韓国のオーディション番組「偉大な誕生」シーズン1に出演して話題を集めた後、ペ・ヨンジュンの所属事務所であるキーイーストと専属契約を締結した。その後、ポラリスエンターテインメントに移籍していた。

一方、LADIES’ CODEは22日、メンバー5人の写真を公開したのに続き、25日のリセを筆頭にメンバー別のティーザー映像を順次公開していく。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 25日 14:26