[K-POP] B.A.P、米国ビルボードワールドアルバムチャート1位『次世代韓流ドル足固め』

新人B.A.P(ビーエーピー)がビルボードワールドアルバムチャート1位になる気炎を吐いた。

米国ビルボード側は3月2日付ワールドアルバムチャートでB.A.Pの2ndミニアルバム『ONE SHOT』がチャート登場と同時に1位を獲得したと伝えた。ビルボードワールドアルバムチャートは北米地域でのアルバムと音源販売量を集約するNielsen SoundScanmpデータを基準に、米国以外の地域で発売された英語を除外した言語で歌われた歌を対象にしたチャートだ。

以前このチャートにはG-DRAGON(ジードラゴン)、少女時代、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)、CNBLUE(シーエヌブルー)などが名前を載せたことがある。

これと共にB.A.Pは新人たちの成長を示すビルボードの他のチャート『Heatseekers Albums』でも24位を記録した。また『ONE SHOT』は発売と同時に米国iTunesヒップホップアルバムチャートで1位を始め、全世界11カ国で10位圏の中に定着し、『次世代韓流ドル』としての可能性を早くから示唆した。

B.A.Pは23日と24日両日ソウルオリンピックホールでデビュー初単独コンサート『B.A.P LIVE ON EARTHSEOUL』の最終準備に拍車をかけている。このコンサートはB.A.P特有の強烈なパフォーマンスステージだけでなく、インディーズバンドBroken Valentineとのコラボレーションステージも披露する予定だ。

写真提供=TSエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 22日 16:55