[芸能] パク・ハソン、学生時代の“のけ者”経験を告白

女優パク・ハソンが学校でのけ者にされた経験があると明らかにした。

パク・ハソンは21日に放送されるKBS(韓国放送公社)2テレビ番組『ハッピートゥゲザー3』に出演し、過去に『挑戦ゴールデンベル』に出演した後、つらい学校生活を送ったと告白した。

パク・ハソンは「『挑戦ゴールデンベル』に出演した当時、制作スタッフの勧誘で司会者だったキム・ボミン・アナウンサーと“ぶりっ子対決”をした」とし「その後、学校に行くバスも利用できないほど避けられた」と語った。 放送は21日午後11時15分。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 21日 18:05