[K-POP] INFINITE H「いろんなジャンルに挑戦したい」

グループのINFINITE(インフィニット)のユニット「INFINITE H」が25日に出版される韓流雑誌「K&」3月号でのインタビューで、さまざまなジャンルに挑戦したいとの覚悟を語った。

INFINITE H(ホヤ、ドンウ)は、1月10日にソウル広壮洞(クァンジャンドン)ユニクロAXでショーケースを開き、その姿を披露した。独特のダンスで有名なアイドルグループINFINITEの中でラップとダンスを担当しているメンバーで構成されたユニットにふさわしく、華やかなパフォーマンスを披露して一瞬で視線をさらった。

ドンウは「僕たちはヒップホップ以外にも好きなジャンルが多い。エレクトロニックをはじめ、さまざまなジャンルの音楽に挑戦していきたい」と明かした。ホヤは「INFINITEはダンスミュージックがメインで、ソンギュさんはソロアルバムを通じてロックに挑戦している。僕たちもほかのメンバーとの組合わせを通じて、いろいろな音楽を発表していこうと思っている」と語った。

INFINITE Hはタイトル曲『Special Girl』について、「人並み以上に恥かしがり屋で純粋な男の片思いの話。想像の中だけで女性を愛する心を表現している情けない男のラブストーリー」とし、感性ヒップホップで勝負したいと意気込んだ。

「ユニットとしてはヒップホップだけではなく、エレクトロニックとしてやっていくこともあるし、ラップなどいろいろなジャンルに挑戦するという心積もりもある」というドンウと、「チーム名のように限界のないグループを目指している。僕たち2人のうち、1人がソロでも活動するかもしれない。そういう点ではオープンなグループ」というホヤの気骨のあるトークは「K&」3月号で詳しく紹介されている。

「K&」3月号では、このほかにもゴールデンディスクで3冠王に輝いたSUPER JUNIOR(スーパージュニア)やキム・スヒョンの酔中トーク、ワールドスターとして大きく羽ばたこうとしているCNBLUE(シーエヌブルー)、ヒップホップガールズに変身した少女時代らのホットニュースが盛りだくさんだ。

Copyright 中央日報日本語版 2013年 02月 21日 16:54