[ドラマ] 『その冬、風が吹く』単独1位 vs 『IRISⅡ』再会墜落 水木ドラマ勢力図に大変化

またふたたび明暗が分かれた。ノ・ヒギョン作家とチョ・インソン、ソン・ヘギョの復帰作として話題を集めたSBS『その冬、風が吹く(原題)』が視聴率1位に上がり、勢力図に変化を導いた。

21日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると20日放送のSBS『その冬、風が吹く』第4話は全国基準13.4%(以下同日基準)の視聴率を記録した。

これは先週第3話で記録した12.4%より1.0%ポイント上昇した数字で、先週初放送で3位を記録した『その冬、風が吹く』はこれにより2週目で単独1位に輝いた。

反面先週『その冬、風が吹く』と共同1位となった『IRISⅡ(原題)』は視聴率3位に墜落し、その明暗が分かれた。

『IRISⅡ』はこの日1.6%ポイント下落した10.8%を記録、多少危険な局面に置かれることになった。しかし1位と3位の差は小さい点から再度の逆転がいくらでも可能だとの分析だ。

同時間帯2位を占めたMBC『7級公務員』は、前回放送分12.7%より0.2%ポイント下落した12.5%の視聴率にとどまった。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 21日 13:43