[K-POP] SHINee『Dream Girl』ミュージックビデオ、スタンドマイクパフォーマンスに視線集中

今回はマイクパフォーマンス!

SHINee(シャイニー)3rd正規アルバムタイトル曲『Dream Girl』ミュージックビデオが独特なパフォーマンスで話題を集めている。

19日午後、SHINee公式ホームページ及びYouTube SMTOWNチャンネル、各種サイトを通じて公開された『Dream Girl』ミュージックビデオは、コンテンポラリーバンドSHINeeの魅力を感じられる音楽はもちろん、スタンドマイクを活用した異色パフォーマンスで関心を集中させている。

今回の『Dream Girl』ダンスは世界的な振付師トニ-・テスターの作品で、SHINeeは『Dream Girl』のダンスのために特殊制作された高さ1.3m、重さ4㎏のスタンドマイクを利用、片手で自由自在に動かす高難度パフォーマンスを披露する。

またSHINeeは21日Mnet『MCountdown』を始めとし、22日KBS『ミュージックバンク』23日『ショー!音楽中心』、24日SBS『人気歌謡』など各種音楽番組に出演し『Dream Girl』のステージを直接披露する。

SHINeeは20日午後8時、ソウルオリンピック公園ハンドボール競技場でSHINeeカムバックショー『Dream Girl』を開催し、ニューアルバム活動の幕を開ける。この日の公演実況はネイバー(http://music.naver.com/onair/shinee)を通じて全世界にオンライン生中継される。

写真=SMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 20日 11:58