[映画] イ・ビョンホン主演『王になった男』日本公開初週から“順風満帆”

俳優のイ・ビョンホン主演の韓国映画『王になった男』が日本で順調な第一歩を踏み出した。

16日に日本で公開された映画『王になった男』が初週全国90館で4万2,000人の観客を動員した。最近公開された韓国映画の中で最も多い観客数だ。このスコアで週末の興行成績総合10位に入った。韓国映画が久しぶりに日本ボックスオフィスのトップ10に入り、日本国内でもこの結果に大きな注目が寄せられ、「さすがビョン様」という評価が聞かれている。出口調査の観賞レビューでも「イ・ビョンホンの一人二役というよりも、全く違う人のようだった。圧倒的な演技力」「イ・ビョンホンの出演作の中で一番よかった」「笑いと感動が共存していて、歴史物ではあるがとても共感できる部分が多かった」と賞賛の声が続いている。

一方、イ・ビョンホンは韓国映画の久しぶりの日本ボックスオフィス進入という嬉しいニュースとあわせて、主演作品が映画の興行に後押しされて演劇として再誕生するなど出演作として強力なパワーを誇っている。

一方、イ・ビョンホンは来月28日に映画『G.I.ジョー バック2 リベンジ』の世界同時公開を控えている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 19日 16:17