[芸能] 故パク・ヨンハさんのマネージャー、日本の預金・遺品持ち出そうと…“御用”

故パク・ヨンハさんの名義で書類を偽造し、数億ウォンを引き出そうとしたマネージャーのA(32)が書類送検された。

ソウル中央地検調査部は19日、故パク・ヨンハさんの名義で書類を偽造し、数億ウォンの預金を引き出そうとした容疑(私文章偽造及び詐欺未遂等)でマネージャーのAを書類送検したと明かした。

検察によると、Aはパクさんが自ら命を絶った1週間後の2010年7月7日、日本・東京にあるM銀行某支店から自身が管理していたパクさんの印鑑で預金払戻請求書2枚を偽造し、2億4,000万ウォン(約2,078万円)をパクさんの銀行預金から引き出そうとした疑いが持たれている。

パクさんが自殺していたことを知っていた銀行員が巨額の預金引き出しを疑い支給を拒否したため、結局Aは預金を引き出すことができなかった。

また2010年7月14日、ソウル江南区清潭洞(カンナム・チョンダムドン)の芸能事務所の事務所からパクさんの写真集40冊など時価総額およそ2,600万ウォン(約225万円)のアルバムと事務所の雑誌もこっそりと持ち出していた疑いも持たれている。

Aは検察に対して「預金を引き出そうとしたのではなくマネージャーとして使う権限があり、写真集やアルバムは遺品を整理するなかで、これまでの情もあり所蔵したかった」と犯行を否認しているという。

現在、Aは某歌謡芸能事務所のマネージャーとして活動中であることが知られている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 19日 15:16