[芸能] パク・シフの“性暴行容疑”のニュースに日本ファン“大ショック”

俳優のパク・シフ(36)の性暴行容疑のニュースに海を越えた日本ファンも大きなショックを受けている。

18日午後、ソウル西部警察署側によると、パク・シフは今月16日、芸能人志望生Aさんから性暴行容疑で告訴された。Aさんは「パク・シフと彼の同僚とともに酒を飲んで酔い記憶を失い、目覚めたらすでに某所でパク・シフに性暴行にあった状態だった」と主張したことが分かっている。

パク・シフは韓国だけでなく日本でもロマンチックなイメージで高い人気を誇っている。“新興”韓流スターと呼ばれ、日本での認知度も徐々に高まっており、その衝撃はいつも以上に大きい。日本の有名コミュニティーサイトやポータルサイトでもパク・シフの記事を掲載してリアルタイムで反応が寄せられている。「売れている韓流スターの突然の墜落」「クリーンなイメージが好きだったのに、これはどういうことだ」などの声が上がっている。その一方で、「パク・シフは体質的に酒が飲めないということだが、どうやって酒に酔ったのか? つじつまが合わない」「女性がウソをついてパク・シフを悪者に仕立てようとしているのでは」など疑う声もあった。

一方、パク・シフは19日午前、所属事務所を通じて報道資料を出し、「知人の紹介で会ったAさんと酒の席を持った点に対しては認めます。ただしこの過程で互いに男女として好感を持って心を交わしたものであり、強制的に関係を持ったことは決してないということをお知らせします。この点に対しては断じて一点の恥ずかしさもなく、これは捜査過程で明明白白にあらわれるでしょう」と身の潔白を主張していた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 19日 14:16