[芸能] パク・シフ、独立企画会社ファクトリー設立「新たな旅立ちによりによって...」

パク・シフが独立企画会社ファクトリーを設立し、新たな活動拠点を作ったことが確認された。

パク・シフは1月末、前所属事務所イヤギエンターテインメントとの専属契約が満了し、2月、家族とともに新たな会社を設立した。

パク・シフのある側近は「パク・シフの弟パク・ウホさんが代表職に就いていると聞いている。パク・シフの母親と弟が前所属事務所と活動している当時からパク・シフのマネージャー業を一緒に見てきた。既存の会社に入るより独立路線を歩みたいと弟がファクトリーを設立し、法人登録を終えたと聞いている」と話した。更に「パク・ウホさんをポータルサイトで検索するとジュエリーブランドMuchaの理事職を務めていると出てくるが、これは事実ではない。パク・ウホさんが過去Muchaと協賛関連で一緒に活動したのは事実だが、現在は全く関係がない」と付け加えた。

運悪くパク・シフは個人企画社を立ち上げるなり、問題を抱えている。15日、ある酒の席で出会った芸能人志望生Aさんが彼を性的暴行容疑で告訴したのだ。パク・シフはこれについて前所属事務所イヤギエンターテインメント側を通じて無実を立証すると話した。しかしパク・シフがマネージャーの弟を通じて今後公式的な立場を再度明らかにするのか、警察の召喚に応じて立場を直接明らかにするのか成り行きが注目されている。

ある関係者は「パク・シフが所属事務所を離れ、新たな出発をしようとしたところに芳しくない事件が起き残念だ。前所属事務所や現所属事務所であるパク・シフの弟全てが苦しい立場にある。パク・シフがこのような大事件に巻き込まれるのは初めてなので、きちんとした対応が取れないようだ。近いうちに立場を明らかにするのではないかと思う」と伝えた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 19日 18:14