[K-POP] SHINee、JOHNGHYUN、3rdアルバムで作詞家に変身『高額著作権料になるか?』

男性グループSHINee(シャイニー)がカムバックを控えるなか、メンバーJOHNGHYUN(ジョンヒョン)が作詞家に変身し、関心を呼んでいる。

SHINeeは19日、3rd正規アルバム『Chapter 1. Dream Girl-The misconceptions of You 』を公開し、20日にはオフラインで販売する。

今回SHINeeの3rd正規アルバムはChapter 1.とChapter 2.の2バージョンで販売され、お互い有機的に関連付けられたキーワードが隠されており、キーワードを探し関連付けて、様々な形で解析してみることができる面白さが込められた。また正規アルバムが持つ多様なストーリー的な要素、聴く楽しみ、コレクション価値まで加えられ完成度を高めた。

何よりも今回のアルバムが更に特別な理由はメンバーJOHNGHYUNが作詞家として参加した点だ。JOHNGHYUNは3rdアルバム収録曲タイトルを組み合わせた曲『Spoiler』を直接作詞し、また違った面白さをプレゼントする。

加えて宇宙の中に散った愛を探すために旅立つタイムマシーン旅行を歌った『Hitchhiking』、恋に落ちた感情をボクシングのパンチが当たり、精神がしっかりしない状況を比喩した歌詞と可愛いメロディーが組み合わさった『Punch Drunk Love』、耳にすっと入ってくる楽しいビートが引き立つ『美しい (Beautiful)』など飽きさせない明るく愉快な雰囲気を満喫できる。

この他にも今回のアルバムには1編のミュージカルのような歌詞が印象的な『Girls, Girls, Girls』、片思いする相手に伝えられない気持ちを演劇の1人台詞のように聞かせてくれる『方伯 (Aside) 』、冷たい恋人の気持ちをダイナマイトのように熱い愛で溶かそうという内容の『Dynamite』、新しい出発への興奮とときめきを一杯にした『Runaway』など全9曲を収録、SHINee特有の清涼感溢れるエナジーで音楽ファンを魅了するつもりだ。

SHINeeはカムバックと合わせ20日午後8時、ソウルオリンピック公園ハンドボール競技場でSHINeeカムバックショー『DREAM GIRL』を開催し、本格的な3rdアルバム活動を始める。

写真提供=SMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 18日 18:39