[芸能] 『44歳』ユ・ジュンサン『三十くらいに』を歌って泣きそうになった理由は?

俳優ユ・ジュンサンが最近涙もろくなった事情を打ち明けた。

ユ・ジュンサンは14日午後、ソウル鐘路(チョンノ)区大学路ミュージカルセンターで開かれたミュージカル『その日々』制作発表会で「練習の途中で『三十くらいに』という歌を歌ったんだが、5回も泣きそうになった」「ただでさえ涙もろい年なのに...」と話した。

この発言に司会のソン・ボムスが「最近更年期ですか?」と問い返すとユ・ジュンサンは「我々の年齢はそうかもしれない。しきりに涙が出る」と話し笑いを誘った。

ユ・ジュンサンはまた故キム・グァンソクの歌で作られたミュージカルに出演することになった感想も話した。彼は「キム・グァンソクの歌を楽しんだ世代」「歌ったりは出来なくて聞いていただけだったが、当時を振り返ると本当にいい歌だなと思った。ドラマ『情』でも三十くらいに』を歌った」と作品に対する愛着を見せた。

『その日々』は16年前この世を去った歌手故キム・グァンソクのレパートリーで構成された作品だ。大統領府を背景に大統領の末娘ハナと随行警護員テシクの行方不明によって警護課長ジョンハク(ユ・ジュンサン)が20年前の記憶を思い出し起こる出来事を描いた。ユ・ジュンサンを始め、チ・チャヌク、オ・マンソク、チェ・ジェウン、キム・ジョンファらが出演する。4月4日から公演。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 14日 17:41