[ドラマ] 『IRISⅡ』韓国スタイルスパイドラマの地位を固めた...1位秘訣は?

ベールを脱いだ『IRISⅡ(原題)』がブラウン管をスクリーンに変身させた。

KBS2水木ドラマ『IRISⅡ』が2013年最高の期待作を証明し、熱い好評を引き出している。

放送前から重大な関心事に上がっていた『IRISⅡ』は13日夜、初放送でお茶の間に強烈な印象を残し成功的なスタートを切った。

13日放送された第1話ではシーズン1でNSS前局長であり、IRISだったペク・サン(キム・ヨンチョル)を奪還するためのIRISの奇襲が描かれ、一層果敢になった攻撃力と残酷さで武装した本格的な戦争の序幕を知らせた。

特にIRISによって移送されるヘリコプターの中で繰り広げられるペク・サンの追撃戦と海に身を投げるシーンや迫真感溢れるアクションと爆破はもちろん、カンボジア、雪原などを背景にした秀麗な映像は期待以上のクオリティーを見せたとの評価だ。

またスヨン(イ・ダヘ)を人質にしたペク・サンとユゴン(チャン・ヒョク)の張りつめた神経戦と、巨大なベールの中に隠されているようなペク・ソンの意味深長な言行などはIRISがペク・サンを通じて得ようとしているものが何なのかについて好奇心を煽り、緊張感を加えた。

カンボジアでギャンブルに夢中になっているジュンウォン(イ・ボムス)を探し出したヨナ(イム・スヒャン)が隠密に提案する姿と、新たに赴任した新人副局長チェミン(オ・ヨンス)の登場は多彩な魅力を持ったキャラクターたちの饗宴を予告し、実力派俳優たちの演技力はもちろん、より一層豊かになったストーリーを期待させた。

第1話放送終わりにはジュンハン(ソン・ドンイル)と会話しているペク・サンの背後に侵入したヨナと傭兵たちの奇襲が描かれ、再び始まったIRISの攻撃を暗示し、緊張感を高めた。

この日『IRISⅡ』は同時間帯ライバル作であるMBC『7級公務員(原題)』SBS『この冬、風が吹く(原題)』を押さえ、視聴率1位を記録し水木ドラマ大戦でまずは笑った。

写真=KBS2『IRISⅡ』放送キャプチャー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 14日 13:13