[K-POP] 『カムバック』NU'EST、B.A.Pと比較、気にしないと言ったら嘘になる

男性グループNU'EST(ニューイースト)がデビュー時からグループB.A.P(ビーエーピー)とよく比較されることについて、気にしないと言ったら嘘になると正直な心の内を明かし、注目されている。

NU'ESTは13日午後2時30分からソウル麻浦(マポ)区インターパークセンターで懇談会を開き、2ndミニアルバム『ヨボセヨ』ステージを公開した。

タイトル曲『アンニョンハセヨ』ステージを披露した後リーダーJRは「韓国で3rdアルバムが出ます。『Action』の時は物足りなさが大きかったが今回は全員でしっかり練習した。見守ってください」とカムバックの感想を明かした。

これと共にデビュー時からいつも比較対象に挙げられていたB.A.Pについてベクホは「気にしないと言ったら嘘になる。気にするのは事実」「個人的な考えだがB.A.Pがうまくいっていて嫉妬する。B.APを見ながら僕らも一生懸命やっている」と正直な気持ちを打ち明けた。

このベクホの発言にJRは「B.APとコンセプトが全く違うので今回は前より気を使わない」と強調し笑いを誘った。

ベクホは「海外活動はもちろん、韓国活動も控え一生懸命やるつもりだ。特に実力的な面からもっと成熟した。ステージでのノウハウが少しできたんじゃないかなと思う」と話した。

NU'ESTは昨年3月『Face』でデビューした新人で、ソン・ダムビとAFTERSCHOOL(アフタースクール)が所属する事務所が初めて打ち出した男性アイドルという点から歌謡界内外の注目を浴びた。13日発売される『ヨボセヨ』は彼女が他の男に会っているのを目撃した男の話で、別れることになるかと恐れ、わざと堂々とするふりをする男の気持ちを電話という身近な素材と淡白な歌詞で解釈するのが特徴の歌だ。

NU'ESTはこの日午後7時から同所でミニコンサート『SHOW TIME NU'EST TIME』を開き、ファンたちにステージを公開し、本格的な活動を開始する。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 14日 13:08