[K-POP] Crying Nut、CNBLUEに著作権侵害の損害賠償訴訟

バンドのCrying Nut(クライングナッツ)が、CNBLUE(シーエヌブルー) に対して著作権と著作隣接権を侵害したとして訴訟を起こした。

Crying Nutの所属事務所「ドラッグレコード」は、昨年12月にソウル中央地方裁判所にCNBLUEと彼らの所属事務所「FNCエンターテインメント」のハン・ソンホ代表が著作権と著作権隣接権を侵害したとして4,000万ウォン(342万円)の損害賠償請求訴訟を起こした。

ドラッグレコード側は「CNBLUEが2010年6月にMnet『MCountdown』でCrying Nutの『必殺オフサイド』の音源を無断で使用した」と主張した。また、当時『MCountdown』に出演したときの映像を2010年に日本で販売したCNBLUEのスペシャルDVDに収録していることを問題視している。

CNBLUE側は「当時、Mnet側が提供した音源で突然ステージに上がることになった。DVDに該当映像が収録されて販売されていた事実は知らなかった」と悔しさを訴えた。

これについてMnet側は「過失は認める」とし「仲裁者として両者の誤解が解けるよう努力したい」とその立場を明かした。

Copyright 中央日報日本語版 2013年 02月 13日 16:30