[芸能] パク・シヨン側「プロポフォール、薬物治療過程で使用されたもの」

女優のパク・シヨン側が「プロポフォールは薬物治療の過程で使用されたもの」と明らかにした。

パク・シヨンは最近、睡眠導入剤のプロポフォールを投薬した疑いをもたれていたことに関し、検察の調査を受けたことが伝えられる中、彼女の所属事務所側は13日、報道資料を通じて「常習的にプロポフォールを投薬していたという報道は事実と全く違う」と説明した。パク・シヨン側は腰の手術と治療を目的にプロポフォールを使用していたことを明らかにした。

所属事務所は「2008年の映画『マリン・ボーイ』 と『史上最強スパイ Mr.タチマワリ~爆笑世界珍道中~』を撮影していた当時、数多くのアクションシーンをこなしている途中で腰を痛めた。その後も続いた腰痛の症状に対して、パク・シヨンさんは医者の手術勧告にもかかわらず、痛み止めで我慢して活動を続けた。しかし、結局のところ腰痛がひどくなり、2009年にレギュラー出演していた芸能番組『ファミリーがやってきた』を降板することを決めた。パク・シヨンさんはその後、女優としてのイメージが傷つくことを心配して、メディアに伏せたまま静かに腰の手術を受けた」とし、「パク・シヨンさんが腰痛の症状のため、継続して治療を受けていたのは事実だが、これは医者の処方による治療の過程であり、この過程でプロポフォールが使用されたかどうかについて、当時は知る由もなかった。パク・シヨンさんに対する今回の報道は、当時パク・シヨンさんが受けた薬物治療過程で使用されたものであり、パク・シヨンさんは今月初めに検察に出頭して真面目に事情聴取を受け終えた」と説明した。

最後に「パク・シヨンさんは急に大きくなったニュースに残念な気持ちを隠し切れず、一部メディアで報道された“常習的プロポフォール投薬”の記事は、事実とは全く異なることをきっぱりと明言したい」とし「不用意な推測や未確認の内容についての拡大解釈は慎んでほしい」と呼びかけた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 13日 14:23