[芸能] 少女時代ユナ「自分のせいで撮影中断し涙流したことも」

少女時代のユナが自分のせいで撮影中断が起きたと告白した。

ユナは12日に放映されたSBS『強心臓』に出演し、「2008年放映された『君は僕の運命』で撮影中断事態を起こした。当時とても怒られた」と話した。

続けて、「初めての撮影の時にせりふでNGを出してからプロデューサーが『君はこの演技をする準備ができていない』として家に帰るよう話した。それで家に帰る道でわんわん泣いた。9カ月を超える長い撮影だったが今後どうするか悩んだ。自信を失った。泣いて撮影が中断されたこともあった。監督が私をたくさん怒り、めったに褒めないプロデューサーだと思ったが、実は新人なので緊張を緩めるなということで怒ったものだった」と説明した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 13日 10:57