[K-POP] ULALA SESSIONイム・ユンテク、胃がんで11日永眠

グループULALA SESSION(ウララセッション)のリーダー、イム・ユンテクが胃がんの闘病の末にこの世を去り、人々に惜しまれている。

イム・ユンテクは11日午後、胃がん闘病中、新村(シンチョン)セブランス病院で帰らぬ人となった。通夜は入院中だった新村セブランス病院の葬儀場特別室で行われる予定だ。

故人は2011年Mnetオーディション番組『SUPER STAR K 3』で名前を知られ、当時胃がんの闘病中に歌手の夢を叶えるため挑戦した事実が知らされ、大きな話題を集めた。特に情熱的なステージと歌唱、特別な事情で視聴者たちの目と耳を奪い、その年の『SUPER STAR K 3』の優勝を手にした。

昨年8月には3歳年下のイさんと結婚し、今年10月に第一子の娘が誕生していた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 12日 11:11