[ドラマ] ホン・スア、魔性の女で魅惑の入浴シーン

女優のホン・スアが肩を出したセクシー衣装で演じた入浴シーンを公開した。

ホン・スアはKBS(韓国放送公社)第1テレビの大河ドラマ『大王の夢(原題)』で復しゅうの念を胸に抱いて生きる魅力的な妓女役で出演している。

ホン・スアはスンマン皇后を王室から追い出したピダム(チェ・チョルホ扮)とピヒョンを裏切り、殺されたキム・ジュンジュ(チェ・スジョン扮)の息子のポムミン(イ・ジョンス扮)の間で手に汗握る関係を作っている。

9日の放送では、魔性の女を演出するシーンが電波に乗った。煙が怪しくくゆる部屋の浴槽の中にいるピダムの後ろに従順に座り、か弱い後ろ姿に意味ありげな微笑を浮かべながら、新羅時代のファム・ファタールを完ぺきに再現した。

ドラマ関係者は「深い灰色の煙が立ち込める中、ピダムの体に香油をかけて背中をマッサージする魔性の手の動きと、さわやかな様子の間を行き来するヨンファというキャラクターを、ホン・スアが完ぺきに演じこなした」と賞賛した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 11日 14:18