[K-POP] SE7EN、入隊前、日本最後のコンサートで感動の涙

歌手SE7EN(セブン)が入隊前最後の日本コンサートで感動の涙を流した。

今年入隊を控えているSE7ENは、現在東京と神戸で最後のコンサート『SE7EN 2013 CONCERT IN JAPAN~ありがとう~』を進行中だ。

7日東京渋谷公会堂で開催されたコンサート初日、SE7ENはファンたちがサプライズで準備したイベントに感動し涙を流した。

SE7ENはファンたちへの感謝の気持ちを伝えるために直接日本語で作詞した曲『ありがとう』を今回の公演で初披露したが、歌詞の『ありがとう』という部分を熱唱すると、2,000名のファンたちが同時に『ありがとうSE7EN』と書かれたボードを頭の上に掲げ、むしろSE7ENに感謝の気持ちを伝えた。予想していなかったファンたちのイベントに驚きと感激が交差するSE7ENは最後に涙を流してしまった。

今年デビュー10年目でもあるSE7ENはデビュー以来いつも自信に溢れ、余裕ある姿を見せてきた。一度もファンたちの前で涙を見せたことがなかったので、今回の公演でのSE7ENの姿はファンたちはもちろん、公演スタッフさえも涙を流したとの話だ。

SE7ENは今回のコンサートでデビュー曲『来てくれ』を始め『DRIPS』『光』『LaLaLa』『熱情』などファンたちが一番聞きたがった韓国と日本のヒット曲のうち25曲を披露し、情熱的なステージをプレゼントした。

同じ事務所の同級生2NE1(トゥエニーワン)のサンダラはこの日SE7ENの公演を見るために日本を訪れ、日本でプロモーション中のD-LITE(ディライト)もやはりスケジュールが終えるとすぐ会場を訪れSE7ENを応援した。G-DRAGON(ジードラゴン)もサプライズ映像メッセージを送るなど篤い友情を見せた。

SE7ENは8日同会場で2回公演を追加し、16日と17日には神戸国際会館国際ホールで日本ファンたちと会う予定だ。日本コンサート終了後SE7ENは3月韓国ファンのためトークコンサートを開催する。

写真提供=YGエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 08日 18:16