[芸能] 『私たち結婚しました 4』、『熱愛説』降板オ・ヨンソ vs 『結婚説』を経て合流コ・ジュニ

俳優オ・ヨンソと俳優コ・ジュニの反対の歩みが関心を呼んでいる。

最近MBCバラエティ番組『私たち結婚しました 4』でオ・ヨンソ-MBLAQ(エムブラック)イジュンカップルが降板し、コ・ジュニ-2AMジヌンが仮想夫婦として合流した。すでにコ・ジュニとジヌンは初撮影を終えた状態だ。

この過程で関心を呼んでいるのが、熱愛説浮上後スケジュールを理由に降板したオ・ヨンソと、熱愛説と結婚説を経て合流したコ・ジュニのバトンタッチだ。『私たち結婚しました』と縁を結んだ、そして結ぶ2人の女優は熱愛説が浮上という共通点を持っている。

オ・ヨンソはMBC『オ・ジャリョンが行く(原題)』で共演中の同僚イ・ジャンウと熱愛説に火がついた。あるメディアが単独スクープした写真には2人の過激なスキンシップが写っていて熱愛に対する疑惑が持ち上がった。しかしオ・ヨンソ側は「同僚以上の間柄ではない」と熱愛説を否定した。イ・ジャンウ側は今まで沈黙を守っている。

若い男女が出会う事は問題ではない。しかしオ・ヨンソは『私たち結婚しました 4』に出演中だったため状況が違った。

『私たち結婚しました』は番組のコンセプトが仮想だとしてもリアルバラエティジャンルだ。出演者は誠意を持って番組に臨まなければならないのが必須で、番組の存廃に大きな役割をもつ。演技ではない、正直な飾らない姿勢を見せなければならないのが『私たち結婚しました』出演者の任務だ。

『私たち結婚しました』で歌手ガインと夫婦として出演したチョゴンも「本当に恋愛する。結婚したと思ったのでファンたちが喜んでくれた」「人々と共感できるように正直に望む姿勢がやはり必要だ」と話した。

もちろんオ・ヨンソ側はイ・ジャンウとの熱愛説を否定したが、『私たち結婚しました 4』の誠意に打撃を与えた。シーズンを重ねながらマニア層を形成した2人の熱愛説で私たち結婚しました』は致命的な傷を負ったと言っても過言ではなかった。

しかし新たに投入されたカップルも果たして誠意ある番組として正しい出演者であるか疑わしいという人々の意見が続いている。スキャンダルが一度もないまっさらなジヌンとは違い、コ・ジュニは俳優チュ・ジンモとの熱愛説と結婚説が浮上したことがあるからだ。

当時コ・ジュニ側はこれについて強く否定したが、これまでコ・ジュニが行ってきた様々なことが疑惑を大きくした。コ・ジュニがサイワールドのミニホームページにコメントと写真を上げては削除したこと、熱愛説の相手である男優とミュージックビデオの映像をキャプチャーし、意味深長なコメントを残すなどこれまでの行為がスキャンダルを大きくした。

もちろん熱愛も結婚もないと強固に否定した。法的対応もするとコ・ジュニの所属事務所では脅しをかけたこともあった。

熱愛はないと否定したオ・ヨンソが降板した状況でコ・ジュニは果たしてどれだけ番組の誠意に寄与する出演者なのか疑わしい。誠意を基本にした『私たち結婚しました』にコ・ジュニ出演のニュースにファンたちは否定的な意見を見せている。

番組視聴者掲示板には「コ・ジュニはチュ・ジンモと付き合っていたのに出演するんだって。このカップルも色々あったんじゃないの。感じ悪いから嫌い」と反応した。それだけではなくマニアファンたちは「疑惑に包まれたコ・ジュニの投入..さて」との反応を見せた。

熱愛説以後降板したオ・ヨンソを継いで投入された疑惑女コ・ジュニでまた違う被害者が出ないことを『私たち結婚しました』のファンたちは切に願っている。

写真=キム・ビョングァン、ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 08日 18:13