[ドラマ] パク・ユファン、兄ユチョンに続き韓流スターになるか? 日本メディア関心爆走

俳優パク・ユファンが次世代韓流スターに浮上した。

C-JeSエンターテインメントは7日、「昨年放送されたドラマ『K-POP最強サバイバル(原題)』が日本版権契約を結んだ。放映を前に本日、12社の日本メディアとメディアデー設ける」「まだ新人俳優であるにもかかわらず、12社の現地メディアが直接韓国に来てパク・ユファンとインタビューを行う」と伝えた。

パク・ユファンは2011年MBCドラマ『きらきら光る』でデビューし、SBSドラマ『千日の約束』でアルツハイマーに罹った姉を見守る頼れる弟イ・ムングァン役で好評を得た。その後デビュー1年でチャンネルA『K-POP最強サバイバル』の主人公カン・ウヒョン役で荒っぽいキャラクターを演じ、イメージチェンジに合格点をもらった。

特に最近終了したMBC連続ドラマ『あなたなしでは生きられない(原題)』では明るい姿から深い感情演技まで多様な姿を描き出し、視聴者たちの愛を一身に受けるなど3年間印象的な演技を繰り広げてきた。

日本側の関係者は『千日の約束』でパク・ユファンが新人らしからぬ演技への集中力を見せてくれて、日本での反応が良かった」「パク・ユファンが主人公を演じた『K-POP最強サバイバル』が日本テレビで放送されるだけでなく、ワーナーエンターテインメントジャパンでDVD発売予定」と伝えた。

パク・ユファンが主人公で出演した『K-POP最強サバイバル』は日本テレビで放送される予定だ。

写真提供=C-JeSエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 08日 13:43