[K-POP] SISTAR19、米国ビルボードK-POPチャート1位...国内では1週目完全征服

ガールズグループSISTAR(シスター)のユニットSISTAR19が『もういないから』で米国ビルボードK-POPチャート1位を獲得した。

SISTAR19の新曲『もういないから』はビルボードK-POPホット100の2月第1週チャートでペチギ『涙のシャワー』とCNBLUE『I'm sorry』を押さえ1位を獲得した。国内音楽チャートでは1週目1位の座をしっかり守っている。

所属事務所STARSHIPエンターテインメントは『MA BOY』以後ずいぶん経ってのカムバックにも熱い反応で感謝している。『もういないから』が音源チャート1週間以上、1位を占めているのは最近すぐに入れ替わる音楽の周期を考えた時、とても驚くべき現象だとの評価が多い。これからも更に発展する姿でお応えします」と伝えた。

『もういないから』は歌唱力を高く評価されているヒョリンのハスキーで感性的なボーカルと魅力あるボラのラップが調和し、年齢やジャンルの区別なしに多くの人から愛されている。

SISTAR19は各種音楽番組を始め様々な放送スケジュールなど忙しい日々を送っている。

写真提供=STARSHIPエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 07日 16:06