[芸能] アン・ジェウク、くも膜下出血で5時間の緊急大手術

俳優のアン・ジェウクが突然米国で5時間の大手術を受けていた事実が伝えられた。

アン・ジェウクは今月4日(米国時間)、ラスベガスでくも膜下出血で手術を受けた。

所属事務所の関係者は「アン・ジェウクが1日、所属事務所の代表の自宅がある米ラスベガスを訪れた」とし「3日午後、食事の席で体調不良を感じ、そのまますぐに病院に運ばれて、翌日、緊急手術を受けた」と明かした。

所属事務所は「アン・ジェウクさんが夕食のときに胃もたれを感じて嘔吐したあと、突然ひどい頭痛を訴えたので、すぐに救急車を呼んで1次病院に向かった」とし「CTやMRIを撮影した結果、大きな病院に行かなければならないとの話を聞いて病院を移動したあと、くも膜下出血だという診断を受けた」と伝えた。

くも膜下出血(Subarachnoid Hemorrohage)という脳圧が上昇して起こる出血のことをいう。アン・ジェウクは5時間の大手術を受け、現在は快方に向かっているという。

所属事務所の関係者は「手術がうまくいき、経過も順調。峠は越した」とし「だが3~4週間程度は入院して絶対安静で過ごさなくてはならないと聞いている」と明かした。

アン・ジェウクはソウル公演を終えたミュージカル『皇太子ルドルフ』の地方公演を控えていたが、今回の手術で地方公演の日程調整が不可避となった。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 06日 14:00