[芸能] 私生活露出を嫌う俳優ハン・ソッキュ、トークショー『ヒーリングキャンプ』に出演…期待感アップ

俳優のハン・ソッキュがトーク番組『ヒーリングキャンプ~楽しいじゃないか~』(以下、『ヒーリング』)に出演する。

ハン・ソッキュの所属事務所の関係者は5日、「ハン・ソッキュが旧正月の連休が終わった翌週の『ヒーリングキャンプ』の収録に参加する予定だ」と明かした。普段、メディアインタビューや私生活の露出を極度に避けてきたハン・ソッキュが単独でトークショーに参加するということで関心が集まっている。

関係者は「おそらく東国(トングク)大学校演劇映画学科の先輩であり、『ヒーリングキャンプ』のMCのイ・ギョンギュとの縁が出演に影響を与えたのだろう」とし、「最近の出演作『ベルリン』と『パパロッティ』に関する話だけでなく、俳優としての近況、プライベートなことなどについて話をする予定」と明かした。

一方、ハン・ソッキュは1990年KBS(韓国放送公社)第22期公採声優としてデビューしたあと、MBC(文化放送)の『ソウルの月』『息子と娘』などで名前が知られるようになった。その後、スクリーンに舞台を移し、『シュリ』『グリーンフィッシュ』『接続 ザ・コンタクト』『八月のクリスマス』を通じて興行俳優としての座を確かなものにしてきた。

昨年は16年ぶりのドラマ復帰作SBS(ソウル放送)のドラマ『根深い木』を通じてSBS演技大賞で大賞を受賞していた。先月30日に公開された映画『ベルリン』で国政情報院の要員を熱演し、3月には俳優イ・ジェフンと共演した『パパロッティ』の公開を控えている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 05日 17:25