[K-POP] CNBLUEの新曲『I'm sorry』MV、世界191カ国で視聴…“人気絶頂”

ロックバンドのCNBLUE(シーエヌブルー) の新曲『I’m sorry』のミュージックビデオが世界で人気を呼んでいる。

YouTube(ユーチューブ)で『I’m sorry』のミュージックビデオを検索した国家を詳しく見てみると、アジアはもちろん、欧州・北中南米・オセアニア・アフリカに至るまで5大陸191カ国が含まれた。中でもベネズエラ・エクアドル・パナマなど、中南米の国家とブルキナファソ・コートジボアール・アルジェリアなどのアフリカ国家でもCNBLUEのプロモーションビデオがフルプレイされていることが確認できた。これはCNBLUEの幅広い人気を確認できるものだ。

所属事務所の関係者は「今回のCNBLUEのミュージックビデオがビートルズの最後の公演を連想させるという意見もある。英国ロンドンの中心街にある建物の屋上で撮影された『I’m sorry』のミュージックビデオが、1969年に英国ロンドンのアップルスタジオで行われたビートルズの最後の公演『Rooftop Concert(ルーフトップ・コンサート)』を思い起こさせる」と伝えた。続けて「普段、ビートルズに憧れてきたメンバーが、尊敬の念を込めて似たような舞台でプロモーションビデオの撮影をした」と説明した。

CNBLUEは最近、韓国はもちろん、米国ビルボードのワールドアルバムチャート1位を占めるなど、破竹の勢いを見せている。また、韓国バンドとしては初めてワールドツアーを控えており、世界のCNBLUEブームがさらに強まると見られる。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 05日 16:57