[K-POP] 少女時代、韓国での活動終え日本での活動へ

最強ガールズグループの少女時代が成功的に4集の活動を終えた。

少女時代は2日に放映されたMBC『ショー!音楽中心』でのステージを最後に4集の公式国内活動を締めくくった。少女時代は韓国での活動を最後に日本に舞台を移す。9日から日本7都市で22回にわたるアリーナツアーを開始する。

少女時代は1年2カ月ぶりに正規アルバムでカムバックし、名声に恥じない実力と人気を誇った。タイトル曲『I GOT A BOY』を通じこれまでに歌った耳にすっと入り込むやわらかなポップから抜け出し、さまざまなジャンルが混ざり合った実験的な音楽に挑戦した。デビュー後初めて見せるパワフルなヒップホップダンスで大衆の視線をひきつけた。最初はなじめなかった音楽も徐々に耳が慣れ音楽チャートを席巻するほどの人気を集めた。KBS第2テレビ『ミュージックバンク』では3週連続1位となりトップレベルの人気を確認した。

海外での活躍も期待を集めるのに十分だった。『I GOT A BOY』でYouTube再生回数3,000万回を突破したのに続き、ビルボードワールドアルバム部門で1位に上がった。所属事務所のSMエンターテインメント側は日本での活動に続き、米国への進出を具体化する予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 04日 10:58